読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【東アフリカ㉑】最終日にひと悶着 職務質問を受ける(ダル・エス・サラーム→)

最終日の朝は7:30AMに起床。シャワーを浴びて朝食をゆっくり取りました。 昨日チェックイン時に宿泊費を払わなかったので、USD30を両替し、支払ってチェックアウト。 宿でバックパックを預かってもらい、最終日の午前中もカリアコー地区を歩きます。 ごちゃ…

【東アフリカ⑳】帰国前夜 友人と再々会する(ダル・エス・サラーム)

ダル・エス・サラームのフェリー乗り場に着いたのは6PM。 期待していなかったのに、ここでもアブラが待っていてくれました。 今夜の寝床はどうしようかなと考えましたが、最後の夜だしカリアコーに泊まることに決めました。 前回とは違うホテルへ。テレビは…

【東アフリカ⑲】世界遺産ストーンタウンを散策後 ザンジバルを「出国」(→ダル・エス・サラーム)

8AM。アラームの音で目覚めました。 眠い目をこすりながら身支度を始めます。昨日と打って変わって、外はすでに暑そう。 9AM。フロントへ。ここで、2日前に僕をフェリーターミナルからホテルまで運んでくれたドライバーへ電話をしてもらい、10AMに来てもらう…

【東アフリカ⑱】プールサイドでのんびり リゾートを謳歌する(ザンジバル)

よく眠れました。 寝相が悪く、朝起きるとあり得ない方向に頭と枕があり、自分でもびっくりしました。。 ベッドでごろごろするも、8AMの目覚まし時計で半ばしかたなしに起床。外はあいにくの雨模様で、シャワーを浴びてから朝食を取りにロビーへ向かいました…

【東アフリカ⑰】パスポートを提示して入島 スパイスツアーを謳歌する(ザンジバル)

ザンジバル(Zanzibar)はインド洋に浮かぶ島です。沖縄本島と同じくらいの大きさで、タンザニアの一部ではありますが、強い自治権を持っており、入島時はパスポートが必要です。美しいビーチや海、オールドタウンには世界遺産までがあり、一大観光地です。 …

【東アフリカ⑯】深夜に降り立った空港で 友人との再会を喜ぶ (→ダル・エス・サラーム→)

結局飛行機がルサカ空港を離陸したのは、僕が空港に着いた12時間後の0:07AMでした。 もう20時間起きているし、疲れていたので寝ることに。 あっという間に寝てしまったようで、目覚めると目の前に機内食が置かれる瞬間でした。 食後、また寝ることにしました…

【東アフリカ⑮】搭乗予定機が遅延 ルサカ空港で立ち往生する(ルサカ→)

12PM過ぎ。ジンバブエのハラレ空港からルサカ空港(Kenneth Kaunda International Airport)に降り立った僕。滑走路を歩いてターミナルへ向かいます。 入国はしませんが、念のため入国カードを記入しておきました。 滑走路にダル・エス・サラーム行きっぽい…

【東アフリカ⑭】搭乗予定機が遅延 ハラレ空港で立ち往生する(ハラレ→)

眠気眼で起床したのは3:20AM。シャワーを浴びて目を覚まし、4AM過ぎにホテルをチェックアウトしました。 高かったですが、ホテルの玄関で待っていたタクシーに乗り込み空港へ(Harare International Airport)。あっという間の4:30AM着。空港内は職員しかい…

【東アフリカ⑬】ジンバブエの首都をブラブラ 汚れた米ドルに閉口する(ハラレ)

再び独りになった僕。緊張というか、警戒しながらハラレの街を歩き始めます。 ダル・エス・サラームと違うのは、白人はおろかインド系も皆無なこと。でもネクタイを締めたビジネスマンとたまにすれ違います。 どこから見ても僕は旅行者だし、地元の人ではな…

【東アフリカ⑫】立ち寄った会社のオフィスで 歓迎を受ける(ハラレ)

12AM。なぜかアラームが鳴ったので目が覚めてしまいました。 無理やり眠って次に目覚めたのは5AM。部屋が乾燥していて口の中が気持ち悪かったです。 そのまま起床。風呂に入ろうとバスルームへ行くもお湯が出ない。。さらに水が茶色い! 水をそのまま何分も…

【東アフリカ⑪】米ドルが流通する国 ジンバブエの首都に降り立つ(ハラレ)

ジンバブエはずっと行ってみたかった国でした。 観光地としてビクトリアの滝(Victoria's Fall)が有名ですが、僕はそれ以上に国の状態や、独裁者といわれるロバート・ムガベ大統領が招いたハイパーインフレに興味がありました。 2年前に南アフリカへ行った…

【東アフリカ⑩】国境で長時間待機も ジンバブエに無事入国(ルサカ→)

3AM。目覚まし時計が鳴りました。眠い目をこすりながら身体を起こします。 大きなあくびをしてゴソゴソ荷造りをしていると、猫が足元にやってきて驚きました。 3:30AM、滞在時間わずか6時間弱の宿を出発。門番を起こしてゲートを開けてもらい、タクシーを拾…

【東アフリカ⑨】乗り合いバスに振り回されるも 無事ザンビアの首都に到着(ルサカ)

タンザニアの首都ダル・エス・サラームを出発して48時間後、列車はようやくザンビアの地方都市カピリ・ムポシ(Kapiri Mposhi)に到着しました。 駅に着いても乗客は慌てておりません。みんな「やれやれ。やっと着いたか」といった表情をしています。 改札で…

【東アフリカ⑧】48時間の鉄道の旅を終え 終着駅に着く(→カピリ・ムポシ)

夜寝ていると、ウェネが起こしてきました。 「僕には何もないけど、これをあげる」と言って渡してくれたのはアーセナルのリストバンドでした。 いい子だなぁととてもうれしくなりましたが、眠たかったのでそのまま寝ることに。 深夜、列車が急ブレーキをかけ…

【東アフリカ⑦】Go West! 東アフリカの大地を列車で駆け抜ける(移動)

夜中、たまにあるゴトンッという音に驚いて一気に目が覚めます。 深夜にはムレンガ氏が「寒い」と言ってファンの止め方を訊いてきました。 ここでもウェネと顔を見合わせて爆笑。 外国の人と笑いのツボが同じだとなんだかうれしくなります。 やはり深夜に停…

【東アフリカ⑥】2泊3日の鉄道の旅へ ザンビアを目指す(ダル・エス・サラーム→)

今朝もけたたましいアザーンに起こされましたが、無理やり眠って7:30AMに起床しました。 9AMに朝食を取って、インターネットカフェへ。昨晩の降雨で道路はビチャビチャです。 Eメールをチェックして、部屋に戻りチェックアウト時間まで部屋でダラダラ過ごし…

【東アフリカ⑤】地元民の生活を垣間見る? マーケットを散策(ダル・エス・サラーム)

カリアコー(Kariakoo Market)はまさに庶民の市場。 電化製品、衣服、果物、生活用品が積み上げられ、地元の人で溢れかえっていて熱気ムンムンです。 観光客向けの商品は皆無。とりあえずここへくれば何でも揃いそうです。 アブラ曰く、Made in Japanの製品…

【東アフリカ④】小雨が降る中 タンザニアの首都を歩く(ダル・エス・サラーム)

喉が痛くて目覚めたのは0AM。 そのまま眠りに就くも、アザーンが大音量で流れる音で再び目覚めました。 時計を確認すると5AM。「ああ、イスラム教の国にいるんだなぁ」と思い、そのまま起床しました。 7AM。太陽が出ないな、と思っていたらスコール。シャワ…

【東アフリカ③】現地人と交流 食事を共にする(ダル・エス・サラーム)

機内から見たタンザニアの首都は、想像以上に高いビルがニョキニョキそびえ立っていました。人口はなんと400万人近くなのだとか。 日本人は到着後ビザを取得できるということで、Arrival Visaを申請します。 記入後少し待ったら、立派なのをくれました。 再…

【東アフリカ②】灼熱砂漠気候でダウン 初日に風邪をひく(ドーハ→ダル・エス・サラーム)

カタールでの目的を達成した僕。あとはドーハ国際空港に戻るだけです。 街歩きが好きなので徒歩を選択したわけですが、とにかく灼熱。 ヤシの木がニョキニョキ生えていて涼し気ですが、木陰がないので暑い暑い。 しばらく歩くと、ガソリンスタンドに併設され…

【東アフリカ①】カタールでトランジット 「ドーハの悲劇」のスタジアムを目指す(ドーハ)

旅の出発は上野駅から。スカイライナーに乗り込み成田空港へ。 今回はカタール航空を利用してタンザニアまで飛びます。 僕が旅したのは2011年5月下旬でした。 到着した成田空港の出発ロビーは、すごく暗かったです。 当時は3.11の地震直後。東日本ではとくに…

【東アフリカ・イントロ】「陸・空・海」! 移動手段を駆使して東アフリカ3カ国+1を周遊する

2009年に南部アフリカ、10年に西アフリカを旅した僕が翌年向かったのは東アフリカでした。 主な目的は以下の通りです: ・独裁国家(といわれる)ジンバブエで、ハイパーインフレ時代に発行された100兆ジンバブエドル札を見てみたい ・タンザニア~ザンビア…

【西アフリカ⑲】早足で駆け抜けた旅を終え 帰路につく(ラゴス→)

最終日は珍しく目覚まし時計の音で起床。 9時頃からホテルのビュッフェで朝食をとりました。 食後に昨日のピーターを見つけ挨拶。タクシーとして空港までの送迎をお願いしました。 10時過ぎ、要らない服を部屋に置いてチェックアウト。ピーターの友人を乗せ…

【西アフリカ⑱】楽しみにしてたShrineに行けずも 市内観光を堪能する(ラゴス)

Mama Cassの店内で注文したのはフーフーと汁&魚のフライ。ピーターの分も一緒に払いました。 正直特別おいしくはなかったですが、友人に薦めてもらったお店だし来られて満足です。 ランチを終えた僕らはIkoyi Islandに入りました。この時間は渋滞で鈍行。 …

【西アフリカ⑰】楽しい西アフリカ最大都市ドライブも 事故で状況一変?(ラゴス)

Lagos Islandを通過した車はVIことVictoria Islandを通ります。 今日の市内観光は基本的にピーターにおまかせです。 しばらく走ると、高級感のある場所でバードなんとかというデパートに車を停めました。 入口にはゴツい男と銃を持った男がエヘンと立ってい…

【西アフリカ⑯】タクシー運転手と半日契約 いざ市内へ(ラゴス)

快適なホテルに泊まったこともあり、気分は爽快。 温かいシャワーをたっぷりと浴び、1階のロビー横のレストランでビュッフェを優雅に食べました。 イングリッシュスタイルという表示でしたが、ナイジェリア料理もちょこちょこあり満足。 食後、昨日のレンタ…

【西アフリカ⑮】4つ星ホテルにチェックイン 旅の疲れを取る(ラゴス)

冷たい身体と疲れ切った表情でホテルに入る僕。大きなバックパックを背負った姿は、この4つ星ホテルには似合いませんでしたが、フロントの男性の「ウェルカム」という声に心底ホッとしたのでした。 すぐに1日延泊したい旨を伝えると「喜んで」と言ってくれま…

【西アフリカ⑭】ピリピリした車内 ナイジェリアの洗礼を浴びる(→ラゴス)

雨に打たれたのと国境での緊張から疲弊している僕に、更なるストレスが襲い掛かります。 ナイジェリア入国からそばにい(てくれ)る男はタクシードライバーでした。 僕が前日に予約したホテル・Golden Tulip Festec Lagosまでの料金を聞けばN6000と言います…

【西アフリカ⑬】袖の下攻撃にウンザリするも 国境を突破する(→ラゴス)

※写真は僕が履いていた靴です。国境では何が起こるか分からないので、靴の中にUSD100を入れて隠し持っていました。 突然ドライバーが「ここで換金しろ」と言うので、左を向くと机が3つ並んでいました。 「ははぁブラックマーケットだ」と思いましたが、他に…

【西アフリカ⑫】土砂降りの中 ナイジェリア国境を目指す(コトヌー→)

夜中に目覚め、よく眠ったと思ったら0時でした。 緊張しているのか、寝つきが悪くLonely Planetを読むことに。 3時頃再び寝て、6時頃起床しました。 外が明るくなるのを待ってから身支度。準備ができたところで雨が降り出しましたが、とりあえずチェックアウ…

【西アフリカ⑪】まるでベトナム? バイクで溢れるベナン随一の街へ(コトヌー)

相変わらず朝早く目覚めました。 西アフリカの5月は日本ほど蒸し暑くはないので、A/Cが無くてもOK。 8時に出発。チェックアウト時に日本円硬貨をあげたら喜んでくれました。 ホテルを出たところで、少年に話しかけられたのでタクシー乗り場の場所を聞きまし…

【西アフリカ⑩】ベナンの田舎町でホッとするひと時 旅の疲れを取る(ウィダー)

僕が泊まった安宿、Edelweiss Les Retrouvaillesのオーナー・イブさんはホテルの改装と集客に悩んでいると打ち明けてくれました。 ウェブサイトを開設することと看板を増やしてみては?とせん越ながら助言されてもらいました。 何より僕がここへ来たのもLone…

【西アフリカ⑨】ゾマホン氏の母国 ベナンに入国する(ウィダー)

深夜、ACが効きすぎて寒さで目覚めました。 でも消すと暑いので付けたり消したりの繰り返し。 7時に起床。少しお腹が緩んでいました。 8時前にホテルをチェックアウト。外で座って待っていると、スティーブさんが迎えに来てくれました。ありがたい。 茶色の…

【西アフリカ⑧】貴重体験 トーゴ人の生活を垣間見る

今日はスティーブさんが10時に迎えに来てくれるので、部屋でフランス語の勉強をして待機します。10時半頃来てくれたので、日焼け止めクリームを塗り虫よけスプレーを携帯して出発。 目的地が分からず、後部席に座っているだけでしたが景色を楽しめました。 …

【西アフリカ⑦】トーゴに帰省中の友人に 市内を案内してもらう(ロメ)

前日インターネットカフェで待ち合わせの博物館の場所を確認しておいたので、約束の13時5分前に問題無く到着。 しかし、待てど暮らせどトーゴの外交官スティーブさんは現れません。 ぐるっと博物館を一周して、別の入口を発見。それでも現れないので、近くに…

【西アフリカ⑥】国境を越えてトーゴへ 袖の下を要求され閉口する(ロメ)

早朝4時に起床し、シャワーを浴びて5時にチェックアウト。 外は真っ暗ですが、タクシーは走っている様子。一台目をやり過ごして、二台目に乗り込みました。 陸路で国境を越え、そのままトーゴの首都ロメ(Lome)を目指します。 国境の町までは、昨日まで使っ…

【西アフリカ⑤】W杯をPV観戦! サッカーガーナ代表を応援する

アクラに帰るバスでは、一番後ろを陣取って外の景色を眺めます。 エンジンの上なのか、とにかく暑い。。どおりで周りに誰も座っていない訳だ。 首都に戻ってきたのは14時。明日は隣国トーゴへ移動するので、国境の町アフラオ(Aflao)までのバスチケットが欲…

【西アフリカ④】オバマ大統領夫妻も訪れた もうひとつの「城」へ(ケープコースト→アクラ)

朝起きて洗面所へ行くと水が流れたので、昨夜の汚れを落としました。 テレビから流れてくるサッカーW杯のハイライト映像。"Black Stars"ことガーナ代表はグループリーグを突破し、今夜ウルグアイ代表とベスト8をかけて激突します。 今日は歩いて行けるケープ…

【西アフリカ③】"Door of No Return" 奴隷貿易で「活躍」した城へ(ケープコースト)

時差ぼけであまり眠れず、3時頃からダラダラベッドの上で過ごしました。 早朝6時、チェックアウト前にオーナーと少し話しました。「どうして一人旅をしているんだ?」と訊かれたので「誰かと一緒に旅行していたらローカルと話す機会が少なくなると思うんです…

【西アフリカ②】ガーナの地で最期を迎えた 野口英世博士の銅像を訪ねる(アクラ)

250ドルを空港内で両替した僕は、いよいよ空港の外へ出ます。 アクラのむわ~とした初夏?の風をいっぱいに浴びたところでタクシーを捕まえます。 ガーナの公用語は英語ですし、ちょうど南アフリカW杯でガーナ代表が快進撃中だったので、その話題を振ると嬉…

【西アフリカ①】長時間フライトもなんのその ドバイ経由でガーナに降り立つ(アクラ)

僕の西アフリカへの旅は2010年6月末から7月初旬にかけて、約2週間でした。 羽田→関空→ドバイ→アクラ(ガーナ)と乗り継ぎ、そこから陸路でラゴス(ナイジェリア)を目指します。 帰りはラゴス→ドバイ→関空→羽田で、利用航空会社はエミレーツ。たしか計16万円…

【西アフリカ・イントロ】人類の負の歴史 西アフリカを訪れる

南部アフリカを旅した僕は、次に西部アフリカへ行きたくなりました。 理由はいくつかありますが、ざっくりいうと以下の通りです: ・奴隷貿易の歴史をもっと勉強したい ・ナイジェリアのアフロビートを現地で聴いてみたい ・日本人旅行者が少ない地を歩いて…

【南部アフリカ⑧】ポルトガル語圏&旧社会主義国家 モザンビークへ(最終日)

遠くでなっているサイレンの音で目覚めたプレトリアの朝6時半。 短い南部アフリカ旅行の最終日です。 パッキングを済ませ、9時頃タクシーを拾いました。 ORタンボ空港では1週間ぶりに日本人も見かけました。 ブブゼラを買おうと「吹き方を教えてください」と…

【南部アフリカ⑦】ポルトガル語圏&旧社会主義国家 モザンビークへ(プレトリア)

短かったモザンビーク滞在はこの日でおしまい。 南アフリカに戻ります。ヨハネスブルグではなく、首都プレトリア(Pretoria)が僕の最終目的地です。写真のようにジャカランダがとても映える美しい街のようです。 7時。バックパックを背負って出発。外は明る…

【南部アフリカ⑥】ポルトガル語圏&旧社会主義国家 モザンビークへ(マプト)

部屋の中で一番に目覚めるも時計は7時半。 僕は旅に出ると、ほぼ例外無く目覚まし時計が鳴る前に目覚めます。 とくにドミトリーや安宿のベッドの上だとほぼ必ず。 「〇時に起きないとバスに間に合わない」「バッグに入れた財布は大丈夫かな」などを考えてい…

【南部アフリカ⑤】ポルトガル語圏&旧社会主義国家 モザンビークへ(マプト)

朝、パンを焼いていたらドイツ人旅行者二人に話しかけられました。 当初僕が行く予定だったスワジランドへ行くそうで、お互い午前中は時間があるとのことで植物園へ3人で向かうことになりました。 彼らは携帯電話を持っていてタクシーを呼んでくれました。 …

【南部アフリカ④】ポルトガル語圏&旧社会主義国家 モザンビークへ(ネルスプリット)

飛行機が飛び立つ轟音で目覚めました。時計を見ると早朝5時半。 書き忘れていましたが、僕が泊まっているホステルはヨハネスブルグの空港の近くです。街中の安宿ではリスクが何倍にもなりますし、そもそも悪名高いヨハネスブルグを観光せずに、次の目的地へ…

【南部アフリカ③】戦々恐々 世界最凶の街へ降り立つ(ソウェト)

夜中に何度に目覚めるもすぐに眠るを繰り返していると、夜が明けて7時半になっていました。 布団の中でガイドブックLonely Planetを読んでいると、ドイツ人の同室者が声をかけてくれたので一緒に朝食を食べました。 明日のネルスプリット行きのバスの予約で…

【南部アフリカ②】戦々恐々 世界最凶の街へ降り立つ(ヨハネスブルグ)

いよいよヨハネスブルグ市内個人半日ツアーがスタート。 街の歴史なんかを教わりながら、遠くの摩天楼を目指し車は進みます。 50歳くらいのエイビー(Abe)が色々教えてくれます。 「ヨハネスブルグの人種別人口は、黒人が50%以上、ついで白人、カラード(…

【南部アフリカ①】戦々恐々 世界最凶の街へ降り立つ(ヨハネスブルグ)

2009年5月、成田空港からシンガポール経由でヨハネスブルグ(Johannesburg)へ。 機内は想像以上に黒人が少なく、アジア人が多い印象でした。 早朝、アフリカの大地が見えてきました。大学時代に過ごした寮でルームメイトだったイギリス人の友人は南アフリカ…