ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【南部アフリカ・イントロ】「ブラックダイヤモンド」を求め アフリカの大地へ

今回からしばらくの間、僕が2009~11年にわたって3回訪れたアフリカ各国の様子を紹介します。 ①南部アフリカ:南アフリカ&モザンビーク(2009年) ②西アフリカ:ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア(2010年) ③東アフリカ:タンザニア、ザンビア、ジンバ…

【番外編】ニューメキシコ州で ネイティブアメリカンの文化に触れる④

この旅の目標は、タイトル通り「ネイティブアメリカンの文化に触れる」でした。 それなのに、僕はそれを達成できませんでした。 サンタフェから日帰りで行ける距離に、タオス(Taos)という小さな町があります。 町からほど近くにあるネイティブアメリカンの…

【番外編】ニューメキシコ州で ネイティブアメリカンの文化に触れる③

サンタフェ(Santa Fe)…この単語をネットで検索すると、いまだに宮澤りえさんの名前がヒットします。 たしかに日本人にとっては、「アメリカ最古(級)の町」よりもこの25年前に発売された写真集のほうが有名かもしれませんね。 建国よりもはるか前の1607年…

【番外編】ニューメキシコ州で ネイティブアメリカンの文化に触れる②

灼熱のフェニックスから落ち着いた雰囲気のニューメキシコ(New Mexico)州アルバカーキ(Albuquerque)へ行くには、グレイハウンド(Greyhound)バスが便利です。 所要時間は9時間強、片道55~80ドルくらいで毎日3便あるようです。 アルバカーキはニューメ…

【番外編】ニューメキシコ州で ネイティブアメリカンの文化に触れる①(フェニックス)

僕が初めて一人旅をしたのは、高校を卒業した次の日でした。 日本から取り寄せた雑誌にネイティブアメリカンの暮らしが書かれていて、ターコイズのアクセサリーや赤茶けた大地の美しさに惹かれ、帰国前にアリゾナ州とニューメキシコへ行ってみようと思いまし…

【番外編】きな臭い国境の街を抜け 米国へ戻る(シウダーファレス&エルパソ)

チワワは大都市です。 この街からメキシコ各地へ移動できますが、アメリカまでも遠くなく、国境の街シウダーファレス(Ciudad Juarez)までもバスが頻繁に出ています。 シウダーファレスは国境を挟んでテキサス州エルパソ(El Paso)と隣接しているツインシ…

【番外編】チワワ鉄道から「メキシコのグランドキャニオン」を望む(ロスモチス&チワワ)

バハは半島であり、メキシコ本土へ行くにはフェリーが便利です。 といいつつ、下の写真は鉄道です。 2005年当時、僕はラパス(La Paz)からロスモチス(Los Mochis)へ移動しました。正確には、港があるトポロバンポへ(Topolobampo)。ロスモチスは近郊の中…

【番外編】バハの先端で見つけた カンクンに劣らぬリゾート (ロスカボス)

僕がロスカボス(Los Cabos)という名前を初めて聞いたのは、たしか中学生の頃。 駅に置いてある旅行パンフレットを見た時でした。 その時に印象的だったのがこのホテル。 名前も憶えています。ウェスティン・レジーナ! と思ったら、Westin Resort & Spa Lo…

【番外編】ティファナから24時間…バスに揺られてリゾートへ(ラパス)

番外編、ついに国外へ。 メキシコにある、バハ・カリフォルニア(Baja California)ことカリフォルニア半島を紹介します。 訪れたのは2005年なので、記憶を呼び起こして書いてみます。 サンディエゴの南、国境の街ティファナへは家族で何度も行ったことがあ…

【番外編】これぞ本当のアメリカ?ノースダコタ州で田舎を謳歌する②(ノースダコタ州ファーゴ)

父と日帰りでノースダコタ州最大の都市ファーゴ(Fargo)へ。 11万人、州の15%の人口が暮らすこの街の名前に聞き覚えがある人もいるのでは。 1996年に「ファーゴ」というサスペンス映画が、2014年からは同名のテレビドラマが放送されているそうで、ストーリ…

【番外編】これぞ本当のアメリカ?ノースダコタ州で田舎を謳歌する①(ノースダコタ州グランドフォークス)

ノースダコタ州…地図上ですぐに場所を示せる人は、アメリカ人でも少ないのではないでしょうか。 僕も行く前はさっぱり分かりませんでした。 「4人のアメリカ大統領の彫像があるのはたしかサウスダコタ州…ということは、その上かな?」程度の認識です。 2015…

【番外編】ディープサウスを巡る(ジョージア州ストーンマウンテン)

アトランタ滞在中、急きょ「行ってみよう」と思って向かったのがストーンマウンテン(Stone Mountain)です。 その名の通り「石の山」なのですが、これがなんと一枚岩で、オーストラリアのウルルーのようとのこと。ウルルーへは行ったことはありませんがこれ…

【番外編】ディープサウスを巡る(ジョージア州アトランタ)

ニューオーリンズからアトランタへ車で行く場合、ノンストップで6-7時間かかります。 アラバマ州モンゴメリーを通っていくコースと、同州最大都市バーミンガム(Birmingham)を通るコースの2択となるでしょう。 後者のほうが20マイルほど短く、20~30分程度…

【番外編】ディープサウスを巡る(ホイットニー・プランテーション)

観光スポット、フレンチクオーターから西へ車で小一時間。 奴隷を酷使し一代で財を成したプランテーション、ホイットニー・プランテーション(Whitney Plantation)があります。 開園から262年後の2014年に一般公開されたので行ってきました。 ニューオーリ…

【番外編】ディープサウスを巡る(ニューオーリンズ・フレンチクオーター)

フレンチクオーター(French Quarter)の町並み、ジャズ、ソウルフード…ニューオーリンズ(New Orleans)の魅力は実に多彩です。 ハリケーン・カトリーナによる甚大な被害を受けたのは12年前。僕はそれ以前にニューオーリンズに来たことがなかったので、町の…

【番外編】ディープサウスを巡る(アラバマ州~ルイジアナ州)

セルマからルイジアナ州ニューオーリンズ(New Orleams)までの行き方は複数ありますが、メキシコ湾を臨むモビール(Mobile)の街を抜ける65号線&10号線が風光明媚でオススメです。 余談ですが、この10号線はアメリカ大陸を横断するフリーウェイで、西はカ…

【番外編】ディープサウスを巡る(アラバマ州その2)

アラバマ州都・モンゴメリーから、州道80号線を西に走ること小一時間。セルマ(Selma)という小さな町に着きます。 思わず通り過ぎてしまいそうな南部の小さな町ですが、アメリカ史を語る上では非常に大きな意味を持つ名前です。 前回、「【番外編】ディープ…

【番外編】ディープサウスを巡る(アラバマ州その1)

ディープサウスへの旅の玄関口は、アトランタかニューオーリンズ(New Orleans)がオススメです。 ルイジアナ州のニューオーリンズは、アメリカ人にも大人気の観光都市。短い旅程の方はここに滞在される場合が多いと思います。 一方、ジョージア州アトランタ…

【番外編】ディープサウスを巡る(はじめに)

アメリカ南部…そのエリアの定義は複数ありますが、必ずと言っていいほど含まれるのが、「ジョージア州」「ミシシッピ州」「ルイジアナ州」「アラバマ州」あたりではないでしょうか。 深南部…ディープサウスとも呼ばれるこのエリア。「アフリカ系アメリカ人」…

【番外編3】西部開拓時代へタイムスリップ! 19世紀のアメリカを体験する(トゥームストン)

フェニックスからサボテン郡を横目に10号線を100マイルほど南下すると、州第2の都市・ツーソンに到着します。 ツーソンと聞いて、ウエスタンブーツや馬にまたがったカウボーイを連想する人も多いのでは。このイメージの定着に貢献したオールド・ツーソン(Ol…

【番外編2】砂漠の中に生まれた“復活の街”を歩く(フェニックス)

北米で最も広い砂漠・ソノラ砂漠の真ん中に位置する州都フェニックス。ロサンゼルスから飛行機でスカイハーバー国際空港へ向かえば、延々と広がる茶色い大地に突如現れる街に出くわします。 フェニックスは、米南西部の政治経済の中心地であり、約150万人が…

【番外編1】アリゾナでルート66を走る(キングマン~セリグマン)

アメリカ人はもちろん、日本人でもファンが多いルート66(Route 66)。 かつてシカゴとロサンゼルスを結んでいた、アメリカのマザーロードです。 道路名は各地でそれぞれ変わってしまいましたが、アリゾナ州では、約72マイル(115km)ほどルート66を走れます…

加州の「ヘソ」で バスク料理に舌鼓を打つ(ベーカーズフィールド)

「ロサンゼルスから日帰り旅行」シリーズ、最終回は僕がどこよりも愛する街を紹介したいと思います。 ロサンゼルスから5号線を北上すること2時間。山を3つほど超えると、ベーカーズフィールド(Bakersfield)です。 サンフランシスコへ最短距離で向かう場合…

吹きすさぶ風の谷 日系アメリカ人収容所跡地へ(マンザナー)

ロサンゼルスから北東に車で約4時間。戦時中に日系アメリカ人が収容されていたキャンプ跡地・マンザナー(Manzanar)に到着します。 正式名称はマンザナー強制収容所(Manzanar War Relocation Center)です。 開戦により、すべての在米日系人が「保護」とい…

ポール・ウォーカーさん 最期の場所を訪ねる(サンタ・クラリタ)

「Fast & Furious」シリーズで、Brian O'Coner刑事を務め、人気俳優だったポール・ウォーカー(Paul Walker)さんが亡くなってから2年半が経ちます。 不慮の事故であり、突然の死に心を痛めたファンの方も多いのではないでしょうか。 今回紹介するのは、ウォ…

州境のカジノに展示中 映画にもなったあの車(プリム)

ロサンゼルスからラスベガスへ車で行く場合、バーストー(Barstow)から1時間半走ると、ようやく州境を越えます。 カリフォルニア州側、最後の町らしい町はベイカー(Baker)ですが、そこからでも45分はかかります。 峠を越えて、長い下り坂を走っていると、…

砂漠の中にたたずむ あまりにも有名なカフェ(バーストー)

バグダッド・カフェ(Bagdad Cafe)…1980年代に作られた西ドイツの映画ですよね。 この映画のロケ地&テーマになったバグダッド・カフェが、ロサンゼルスからラスベガスに行く途中、少し道を外れた地にあります。 15号線でバーストーまで行き、そこから40号…

青く高い空を舞う 空軍基地でのエアショー(エドワーズ空軍基地)

ロサンゼルスの北。強い日差しが降り注ぐ砂漠の真ん中で、毎年のように行われているエアショーがあります。Edwards Air Force Base Air Showです。 飛行機好きにはよく知られたイベントで、遠方から来る人も多いのだとか。 日本からツアーが組まれることもあ…

息を呑む景色 オレンジ色に染まる大草原(ランカスター)

春、ロサンゼルスから北に向かってI-5のフリーウェイを走ると、ゴツゴツした岩肌にオレンジ色がちらほら見えてきます。 この正体はカリフォルニア・ポピーで、毎年3月~5月頃が見ごろです。 ロサンゼルスから車で北東に約1時間の町、ランカスター(Lancaster…

C・イーストウッドが市長を務めた スペイン風の小さな町(カーメル・バイ・ザ・シー)

ビッグ・サーから先、ヘアピンカーブや細い道を抜けると、そこはもうカリフォルニア北部。 「サンタバーバラやロサンゼルスなどの南のリゾート地とは違う、落ち着いた大人の雰囲気がするリゾート地」だと気がつくと思います。 今回紹介するカーメル・バイ・…

息を呑む絶景 橋から眺める大海原(ビッグ・サー)

このカテゴリーは「ロサンゼルスから日帰り旅行」ですが、今回紹介するビッグ・サー(Big Sur)は日帰りだと大変かもしれません。 ロサンゼルスとサンフランシスコを結ぶ、「全米一長い道」であり「全米一の絶景を楽しめる道」とも呼ばれる、PCHこと州道1号…

太平洋を眺む 新聞王の豪邸に寄る(ハースト・キャッスル)

モロ・ベイからPCH(1号線)を車で北上すること約30分、右手にハースト・キャッスル(Hearst Castle)と呼ばれる、ルネッサンス期の美しいスタイルを取り入れた豪邸に到着します。ここはミュージアムであり、一般に開放されています。 ロサンゼルスとサンフ…

PCH上にある 優しい港町(モロ・ベイ)

ロサンゼルスからサンフランシスコへ車で行く場合、大きく分けて3通りあります。 ①I-5という幹線道路で、75mphの道をひたすら真っ直ぐ走る ②101号線で、ベンチュラ~サンタバーバラ~パソ・ロブレス~サリーナスを抜ける ③1号線(PCH:Pacific Coast Highway)…

南加随一のリゾート地で アザラシに癒される(ラ・ホヤ)

サンディエゴ市街からI-5で約30分ほど北上すると、スペイン語で「宝石」を意味するラ・ホヤ(La Jolla)に到着します。 カリフォルニア大学サンディエゴ校やトーリーパインズゴルフコースがある一方、高級住宅地やビーチ&丘陵のあるリゾート地としても知ら…

一歩踏み込めば別世界 玉石混淆の町②(ティファナ)

「吸っている空気は同じなのに、環境がここまで違う…」。僕はこれまで何度もティファナに来たことがあるし、世界の国境を足で越えてきました。それでもいつも感じるのは、アメリカ側とメキシコ側との明らかな違い。言語、文化、景色、家…。いつ来ても新鮮。…

一歩踏み込めば別世界 玉石混淆の町①(ティファナ)

以前、カレクシコ/メヒカリのアメリカ・メキシコ国境の町を紹介しましたが、今回は24/7現地の人、旅行者が行き交うサン・イシドロ(San Ysidro)/ティファナ(Tijuana)の国境。①では、ざっくりとした町の紹介をします。 売春や麻薬取引、強盗など、旅行者…

サンディエゴの夜景を独り占め 対岸のコロナドへ(サンディエゴ)

海軍(U.S.Navy)の基地があることでも知られるサンディエゴ。何かと海がクローズアップされる街です。港には軍艦が見えたりします。 さて、今回紹介するのはコロナド(Coronado)。海に浮かんだ島のような場所で、ダウンタウン・サンディエゴから75号線で美…

夜に行きたい 魅惑のガスランプ・クォーター(サンディエゴ)

南カリフォルニアの暖かい日差しが似合うサンディエゴ。パームツリーと青い海が代名詞ですが、メキシコ国境まで数マイルしか離れていないということもあり、どこか異国情緒がある街です。 これから数回に分けてサンディエゴを紹介しようと思います。 今回の…

海岸線が美しい ビーチとギャラリーの町(ラグーナ・ビーチ)

ロサンゼルスから1号線(Pacific Coast Highway=PCH)をのんびり南下すると、ラグーナ・ビーチ(Laguna Beach)という美しい町に着きます。 雰囲気は「ザ・南カリフォルニア」といった感じ。アメリカ人にはリゾート地として知られ、ハネムーンでここを訪れる…

ティファナではない メキシコとのもうひとつの国境(カレクシコ/メヒカリ)

ロサンゼルスから日帰りできる場所、として色々紹介してきましたが、今回は特別編です。というのも、ロサンゼルスから日帰りは正直しんどいからです。 以前紹介したサルべーションマウンテン(Salvation Mountain)から111号線をほぼ真南に1時間進むと、そこ…

百花繚乱! 一面のお花畑(カールスバッド)

ロサンゼルスとサンディエゴは、車で約2時間離れています。その中間地点から少しサンディエゴの町、カールスバッド(Carlsbad)には、春先にぜひとも訪れたい場所があります。それは以下の写真の場所、The Flower Fields at Carlsbadです。 広大な土地には、…

草花が咲き乱れる 美しいミッション(サンホアンカピストラノ)

ロサンゼルス方面から、オレンジ・カウンティーへ行くには405号線というフリーウェイが便利です。その405号線をしばらく南下すると、5号線になります。そのまま少し走ると、スペイン様式の美しいミッション、サンホアンカピストラノ(San Juan Capistrano)…

風光明媚! LA近郊で楽しむトレッキング (トパンガ州立公園)

一年を通して晴れの日が多く、湿気が少ないロサンゼルスでは、トレッキングを気持ちよく楽しめます。 有名なコースとしては、ロサンゼルスの代名詞「Hollywood」サインの裏を登るコースだったりしますが、今回紹介するのは、どちらかと言うと、観光客より地…

一人の男性が 30年かけて作り上げた彫刻(サルべーションマウンテン)

サルべーションマウンテン(Salvation Mountain)と聞いてピンと来ない人でも、この写真を見て「見たことあるかも」という人は多いのではないでしょうか。 場所はロサンゼルスから片道3時間強のNilandの町はずれ。 先日紹介したパームスプリングス周辺までは…

LAから1時間半 インディアンカジノ&アウトレットで遊ぶ②(デザートヒルズプレミアムアウトレット)

前回紹介した、モロンゴカジノ&リゾートのお隣、ロサンゼルス側に立地するのがデザートヒルズプレミアムアウトレット(Desert Hills Premium Outles)です。 日本人の多くが、カジノではなくこちらが目当てなのではないでしょうか。 両者はほぼ並列していま…

LAから1時間半 インディアンカジノ&アウトレットで遊ぶ①(モロンゴカジノリゾート)

ロサンゼルスでFMラジオを聞いていると、ひょっちゅうCMで流れているのがモロンゴ(Morongo Casino Resort)です。「今週のオススメトップ5は~…」という紹介なので、ついつい耳を傾けてしまいます。 カリフォルニア州で「インディアンカジノ」と呼ばれるカ…

『近くてコンパクト』が売り 誕生日は船代が無料に(カタリナ島)

太平洋上にポカっと浮いているカタリナ島(Catalina Island)は、19世紀よりロサンゼルスの富裕層のバケーション地として愛されてきました。 最もポピュラーな行き方は船で、ロングビーチ港から(約60分)。本数はぐっと減りますが、サンペドロ港やオレンジ…

ラスベガスだけじゃない 砂漠のリゾート(パームスプリングス)

ロサンゼルスから車で約2時間、パームスプリングス(Palm Springs)はハリウッドスターの避寒地で知られる砂漠のリゾートです。 と言っても、ラスベガスのようにネオンギラギラの不夜城というわけではありません。 背の高いビルは皆無で、パームツリーが無数…

ワインとカジノを楽しめる内陸の町(テメキュラ)

ロサンゼルスへ東へ約一時間、そこから15号線に乗って南へ30分ほど走るとテメキュラ(Temecula)という町に着きます。 ワイナリーで知られるテメキュラは、1859年に誕生した町です。僕はアルコールを飲まないのですが、オールドタウンを歩く&カジノで遊ぶだ…

LAから小一時間で来られる大人のリゾート(ベンチュラ)

今回からしばらく、ロサンゼルスから日帰りで行ける観光スポットをご紹介します。 第1回はベンチュラ(Ventura)。 ロサンゼルスからは、101号線というフリーウェイか、1号線(PCH=Pacific Coast Highway)という下道でのんびり車で来る方法と、Amtrakとい…