読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

一歩踏み込めば別世界 玉石混淆の町①(ティファナ)

以前、カレクシコ/メヒカリのアメリカ・メキシコ国境の町を紹介しましたが、今回は24/7現地の人、旅行者が行き交うサン・イシドロ(San Ysidro)/ティファナ(Tijuana)の国境。①では、ざっくりとした町の紹介をします。

f:id:k2thaei:20160620101623j:plain

 

売春や麻薬取引、強盗など、旅行者が震え上がるような、国境ならではの事情もつきものですが、この国境の魅力は、入国すると景色がガラリと変わることだと思います。

 

アメリカ側は、スペイン語が飛び交ったり看板があったりするものの、どこか洗練とした印象を受けます。しかし、ティファナに入ると、そこはアジアのよう:あふれんばかりの人、観光客にオモシロオカシイ言葉を投げかける店主、おいしそうな匂いを漂わせる屋台etc。

 

アメリカからの入国はゲートをくぐるだけでOKですが、帰り、つまりアメリカ入国は非常に時間がかかります。チェックが厳しく、24時間行列ができている印象です。もしパスポート不携帯だったら…どうなっちゃうんでしょうかね。。

 

f:id:k2thaei:20160620101657j:plain

サンディエゴ方面からの行き方ですが、大きく分けて2通りではないでしょうか。

 

【車の場合】I-5というフリーウェイをずっと南下します。「もうすぐメキシコ」とか「アメリカ側最後の出口」とか書かれています。何も知らず(メキシコに行くつもりがないくて)そのまま南下すると、気づいたらメキシコ!なんていうことも。。街中には駐車場がたくさんあります。駐車場代を抑えたいなら、ドラッグストアとか、『プレミアムアウトレット』の駐車場に停めて、ちんたら歩くのもありです。

 

【トロリーの場合】サンディエゴは、街中を赤いトロリー(MTS: Metropolitan Transit System)が走っています。3路線あり、郊外へも行けます。そのひとつの路線、UC San Diego Blue Lineを使えば、安い切符で国境の町、サン・イシドロへ行けます。

 

f:id:k2thaei:20160620101739j:plain

次回は、ティファナの町を紹介したいと思います。

 

 

【地図】