読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

州境のカジノに展示中 映画にもなったあの車(プリム)

ロサンゼルスからラスベガスへ車で行く場合、バーストー(Barstow)から1時間半走ると、ようやく州境を越えます。

カリフォルニア州側、最後の町らしい町はベイカー(Baker)ですが、そこからでも45分はかかります。

 

f:id:k2thaei:20160710162518j:plain

峠を越えて、長い下り坂を走っていると、真っ直ぐの道の遠くにカジノが見えてきます。

これが今回紹介するプリム(Primm)です。

 

ネバダ州はカジノ解禁である一方、カリフォルニア州は厳禁。

ということで、ネバダ州に足を踏み入れた瞬間にカジノを楽しんでもらおう!ということのようです。

 

プリムはカジノが3、4件+アウトレットがあるくらいで、他には本当に何もありません。

 

アウトレット(Fashion Outlets of Las Vegas)は正直たいしたことなく、郊外の平べったいモールのよう。カジノは、あと30分ほど走ればラスベガスに到着する、という決して恵まれた環境ではないものの、オープンから20年くらい頑張っています。

 

f:id:k2thaei:20160710162557j:plain

前置きが長くなりましたが、ここプリムで見逃せないのは1967年の映画「俺たちに明日はない」で知られるボニー&クライド(Bonnie & Clyde)が銀行強盗で実際に使用した車。(ボニー&クライドといえば、宇多田ヒカルの1stアルバムにもB&Cというタイトルで1曲収録されていますね)

この美男美女カップルは、警察により車ごとハチの巣にされてしまいますが、その車がWhiskey Pete's Resortというホテルカジノ内に展示されています。

 

アメリカ国内ではやはりよく知られた人たちであり、この車の展示は常に誰かしらが写真を撮っています。

 

なお、このホテルはネバダからカリフォルニアに向かって走る道側にあるため、ラスベガスからの帰りに寄るといいと思います。(一応道路を挟んで走るモノレールがありますが、動いていないときがあります)

 

f:id:k2thaei:20160710162622j:plain

【地図】