読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【番外編2】砂漠の中に生まれた“復活の街”を歩く(フェニックス)

北米で最も広い砂漠・ソノラ砂漠の真ん中に位置する州都フェニックス。ロサンゼルスから飛行機でスカイハーバー国際空港へ向かえば、延々と広がる茶色い大地に突如現れる街に出くわします。

f:id:k2thaei:20160803194740j:plain

フェニックスは、米南西部の政治経済の中心地であり、約150万人が暮らす全米6位の大都市。メサ、スコッツデール、テンピ、グレンデールなどの衛星都市と共に、「Greater Phoenix」もしくは「Valley of the Sun」と呼ばれています。

f:id:k2thaei:20160803194957j:plain

 市内には、子どもと一緒に遊べるレクリエーションが点在。いたるところにサボテンがそびえる、州内の特異な大自然を紹介する植物園(Desert Botanical Garden)や、ネイティブアメリカンのアートミュージアム、西部開拓時代の町並みを彷彿させるテーマパークなど、興味深い見どころがあります。さらにフェニックスは、アメリカ4大スポーツのプロチームが本拠地を構えており、手に汗握る試合を1年中観戦することができます。

f:id:k2thaei:20160803194616j:plain

 フェニックスには140ものゴルフコースがあり、全米有数のゴルフリゾートがあることで有名な町、スコッツデールはゴルファーなら一度はプレーしてみたい聖地。また、スコッツデール郊外には初心者から上級者までが楽しめるトレッキングコースがあり、市内から約30分の距離に位置する「Tom’s Thumb Trailhead」では、これぞアリゾナという風景に出会えます。

f:id:k2thaei:20160803195224j:plain

 先住民、ホホカム族の遺跡の上に造られた街、フェニックス。その名の通り、不死鳥のごとくメトロポリスを再構築させた復活の街です。

 

【地図】