読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【番外編】ディープサウスを巡る(ジョージア州ストーンマウンテン)

アトランタ滞在中、急きょ「行ってみよう」と思って向かったのがストーンマウンテン(Stone Mountain)です。

 

f:id:k2thaei:20161002203225j:plain

その名の通り「石の山」なのですが、これがなんと一枚岩で、オーストラリアのウルルーのようとのこと。ウルルーへは行ったことはありませんがこれは期待大。

 

アトランタ市内からはフリーウェイで約30分。駐車場代を払ってから入ります(1台15ドル)。年間パス(40ドル)もあるので、近郊に住んでいる人なんかはこれがいいかも。

公園内は汽車が走ったりディズニーランドのようなアトラクションが複数あるテーマパークもあり、子ども連れでも楽しめる内容になっています。

f:id:k2thaei:20161002203456j:plain

僕が訪れたときは、平日の昼間ということで閑散…というよりテーマパークは閉まっていました。

 

そのアトラクションから岩を見ると、3人の男性が馬に乗っている巨大なレリーフが目に飛び込んできます。

 

これこそ、約2世紀前にアメリカで起こった南北戦争で南軍を指揮した将軍たち。高さ27m×幅58mもあるらしく世界最大。ちなみにこのレリーフを作ったのは、サウスダコタ州になるラシュモア山(Rushmore Mountain)にある「4人の大統領の彫像」と同じ制作者なのだとか。

 

f:id:k2thaei:20161002203848j:plain

この彫像、実は色々議論を呼んでいるようで、今でも彫像の下でKKKの集会が開かれたりしているそうです。。

 

さて、513mあるこの一枚岩は登れます。コースがいくつかありますが、観光客や地元の老若男女がヨイショヨイショと登っています。

f:id:k2thaei:20161002204041j:plain

登りはそこまでキツくはありません。

何より、岩山から見えるアトランタ近郊の景色に感動するはず。

 

頂上近くは風がビュンビュン吹いているので「寒い」と思うかもしれません。

まぁアメリカ人たちはへっちゃらのようですが。。

 

テーブルマウンテンとまではいきませんが、頂上では十分ゆっくりできるはず。

なにより360度広大な景色が広がっていて、しばらくボーっとしてしまいそう。

 

なお、地上からはロープウェイもあるので家族連れでも気軽に来られますよ。

 

【地図】