読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【南部アフリカ⑦】ポルトガル語圏&旧社会主義国家 モザンビークへ(プレトリア)

f:id:k2thaei:20161116175807j:plain

短かったモザンビーク滞在はこの日でおしまい。

南アフリカに戻ります。ヨハネスブルグではなく、首都プレトリア(Pretoria)が僕の最終目的地です。写真のようにジャカランダがとても映える美しい街のようです。

 

7時。バックパックを背負って出発。外は明るいし、特別危険そうでも無い&昨日道を確認していたので歩いてバス停へ向かいます。

f:id:k2thaei:20161116175845j:plain

乗り込んだバスでは窓側の席を確保。バスが動き始めてからすぐ深い眠りに落ちてしまったようで、気づいたら国境でした。

とくに問題無く出国&入国。

やはり南アフリカはインフラが整っています。ATMで南アランドを引き出し、バスへ戻ると再び寝てしまいました。

f:id:k2thaei:20161116175924j:plain

目が覚めると酷い頭痛を感じます。そのうち気分も悪くなってきて、明らかに体調が悪くなりました。

バスは渋滞により既に大幅に遅れています。

 

16時半、ようやくヨハネスブルグ市内入り。僕の目的地はここではなくプレトリア。もう少しバスに乗ったままです。

バスはパークステーション(Park Station)という、ヨハネスブルグで最も危ない場所で停車します。僕は初日にここを見てみたかったのです。「この体調で外へつまり出されたら、本当に身ぐるみはがされそうだなぁ」と思ったことを覚えています。

f:id:k2thaei:20161116180252j:plain

そう、この少し手前でバスは一人の白人バックパッカーをピックアップしていました。

 

17時、バスはプレトリアへ向けてゆっくり動き始めます。僕の体調は最悪。この際安宿では無く中級ホテルに泊まりたいくらい。でも僕にはケータイが無いし、Lonely Planetを開く元気もありません。

 

暗くなってからバスを降りたのは、プレトリア市内の駅前。一人でいるには怖い雰囲気で「まいったなぁ」と思っていると、先ほどのバックパッカーが話しかけてくれました。

「僕は安宿を予約しているんだけど、君も来るかい?」

ああ、僕はついているなぁ。渡りに船です。おまけにベッドが空いているか電話までしてくれました。

f:id:k2thaei:20161116180024j:plain

20分ほど車で走って着いたのは住宅地内のホステル(1322 Backpackers International)。

犬とおばちゃんがあたたかく迎えてくれました。

僕は個室にチェックイン。この旅で初めての個室です。

この日はビスケットとパンしか食べていませんでしたが、結局食欲がわかずこれでおしまい。

体を清潔にして、倒れこむように眠りにつきました。

プレトリアは全く観光できなかったなぁ」

 

⑧へつづく。

 

【地図】