読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【西アフリカ⑬】袖の下攻撃にウンザリするも 国境を突破する(→ラゴス)

f:id:k2thaei:20161225152435j:plain

※写真は僕が履いていた靴です。国境では何が起こるか分からないので、靴の中にUSD100を入れて隠し持っていました。

 

突然ドライバーが「ここで換金しろ」と言うので、左を向くと机が3つ並んでいました。

「ははぁブラックマーケットだ」と思いましたが、他に選択肢は無いし従うことに。の残りのCFA&USD40でナイジェリアの通過ナイラを買いました。

かなりちょろまかされていると思うのですが、状況が状況なだけに言い値で従うしかありませんでした。

 

僕は雨でできた水たまりをジャンプしてかわしながら先を歩く「オカダマン」についていきます。オカダとはバイクのことであり、オカダマンとはつまりバイクタクシーの運転手です。

 

周りから「チャイナチャイナ」とケラケラ笑いながら中国人の物まねをしている輩がたくさんいますが、僕は両替をしたお金を数えたりと、かまっている余裕はありません。

しかもここは完全にアウエーなので笑っておきました。

 

さて、やっとベナン出国の時が来ます。

パスポートを見せると、右手を口に持っていくポーズ…これは賄賂を要求しているサインです。「ちくしょう」と思いながらもN100を掴ませて突破します。

 

次に出国スタンプが必要なので、またN100を見せるとN500といいます。腹が立ちますが仕方がない。怒りをぐっとこらえてお礼を言いました。

いよいよ悪名高いナイジェリア側へ。

 

パスポートを見せると、何かを記入しています。入国に必須だった黄熱病の紙(イエローカード)を見て、「注射を1回していないじゃないか」と入国管理人。

「そんなこと言っても日本のドクターは1回でいいと言っていたぞ」と僕が告げても全く動じません。向こうを指差し「あそこでもう1回注射を打ってこい」とさえいいます。

 

僕はこの人が嘘&適当に言っていると分かっていましたが、立場的に僕が圧倒的に不利です。そこで「どうしたらいい?」と訊けばやはり袖の下。しかもN2000(!)と言うではないですか。

ちなみにこのあたりから、後でドライバーになる男が登場します。

 

次のオヤジのところで入国カードを記入します。ドライバーは僕が昨日予約したホテルを知っているようです。

紙を記入後オヤジに渡します。サインで書いた僕の名前の意味や入国目的を訊かれました。僕は「アフロビートが好きです」と答えましたがその瞬間「しまった」と思いました。なぜならアフロビートの象徴であるフェラ・クティは反政府主義者の象徴だったからです。

 

「…他の目的は?」と訊かれたので、「ナイジェリアを訪れずに西アフリカへ来たと言えないと思います」と答えました。

滞在日数を訊かれたので、Lonely Planetの忠告通り少し多めに告げました。

長いやり取りの最後は、「So what do you have for me?」ときた。

「お前もか」と思いながらも適当に金を渡して、スタンプオヤジのところへ移動します。

まるでファミコンのよう。敵を倒したかと思えば次から次へと新キャラが登場するのです。

 

当然この窓口でも「dash」を要求されました。dashとはナイジェリア英語で袖の下のこと。外国人だけでなく、現地人も払っているようですね。

でもようやくこの国境の呪縛から解放されたのです。

 

ただナイジェリアは一筋縄ではいかないようで…このあともトラブルが続きます。

⑭へつづく。

 

【地図】※ベナン/ナイジェリア国境です