読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

【東アフリカ④】小雨が降る中 タンザニアの首都を歩く(ダル・エス・サラーム)

東アフリカ アフリカ

f:id:k2thaei:20170113210545j:plain

喉が痛くて目覚めたのは0AM。

そのまま眠りに就くも、アザーンが大音量で流れる音で再び目覚めました。

時計を確認すると5AM。「ああ、イスラム教の国にいるんだなぁ」と思い、そのまま起床しました。

 

7AM。太陽が出ないな、と思っていたらスコール。シャワーを浴びて朝食をとりに一階へ降ります。

フルーツジュース、バナナ、バン2枚と紅茶。風邪をひいている僕には貴重な栄養源です。

8AM。外へ出るとすでに昨日のアブラがいました。自分の車ではなく、タクシーのよう。

朝一で明日の列車のチケットを買いたいので、早速往復TSH25000で駅まで行ってもらうことに。雨のせいで地面はぬかるみ、ボコボコの道路はすごい渋滞になっていました。

どうやら通勤ラッシュらしく、「9AM~3PMまでは通勤ラッシュさ」とアブラ。そうか、今日は月曜日だ。

 

f:id:k2thaei:20170113210603j:plain

しばらく南西へ走ると、昨日の駅とは違う立派な駅に着きました。早速列に並び、明日3:50PM発の一等席のチケットを購入。予想を超える出費となりましたが、まぁよしとします。とにかく、これでザンビアへ行けます。

 

f:id:k2thaei:20170113210612j:plain

一度ホテルへ戻り、アブラとは再び2PMに会おうと約束しました。

 

部屋で本を読んでいたら寝てしまったようで、10:30AMになっていました。

ムクリと起きて身支度。外は暗いですが、ハガキを日本へ送りたいので郵便局を目指します。

 

ダル・エス・サラームは海に面した街なのですが、フェリーターミナル周辺は客引きなどメンドクサイ輩が多かったです。と、このへんで再び雨が降ってきました。かまわず歩いていましたが、止む気配がないので雨宿りをしました。

 

f:id:k2thaei:20170113210623j:plain

15分ほど待ちましたが、しびれを切らして歩き出します。

すると郵便局を発見。でもポストカードが見当たりません。

インターネットカフェに入るも人が多く、すぐに出てホテルを目指して歩きます。

 

f:id:k2thaei:20170113210635j:plain

昨日のSummy'sを見つけましたが、閉まっているので、もう少し歩いてやはり昨日見たChef's Prideに入店。ビーフヌードルとビリヤニを注文しました。

 

このレストランは欧米人が好みそうな、オープンエアで良い雰囲気。

先に出てきたヌードルは、おいしかったですが油っぽかったです。

でも、待てど暮らせどビリヤニが出てこないので「忘れていませんか?」とウェイターに確認。

本当に忘れていたのかどうか分かりませんが、しばらくすると出てきました。

この時点で意外と満腹でしたが、ペロリと食べて店を後にしました。

 

2PM。バークレイズ銀行でアブラと再会しました。

僕は庶民の市場Kariakoo Marketへ行きたかったので、連れて行ってほしいとお願いしました。

 

f:id:k2thaei:20170113210645j:plain

⑤へつづく。

 

【地図】