読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴマ鉄丼

ロサンゼルスから1年半ぶりに帰国した33歳男のブログです。趣味は一人旅で、思い入れが強いのはロサンゼルスとアフリカ。初心者ブロガーですが、観光地ではないディープでブラックなロサンゼルスや、これまでの旅の思い出を振り返ったりしていきます。みなさんの旅のヒントになれば本望です。

迷ったらここに住もう! Arts District(ロサンゼルス)

もしも僕がダウンタウン・ロサンゼルスで働いていたとしたら…リトル東京のすぐ隣、Arts Districtに住むと思います。

 

f:id:k2thaei:20160423230202p:plain

 

まず、この町はその名の通りアーティストが多く住んでいて、町全体がアートであること。壁画というかグラフィティアートがカッコいい。通りを歩くとよくわかるのですが、貸倉庫をアーティストたちがアトリエとしてシェアしていたりします。

一方、高級コンドミニアムタイプのアパートもあり、どこも雰囲気がよさそう。

 

次に、リトル東京まで徒歩圏内なので、日本食がいつでも食べられます。前回紹介したとおり、リトル東京は歴史が古く、数十年続いている&深夜まで営業している日本食堂「こう楽」をはじめとするレストランがあったり、日系スーパー「ニジヤ」や「DIASO」もそろいます。がんばればダウンタウンまで歩けますし、メトロの駅(Little Tokyo駅)も目の前です。

 

一方で、夜は意外と暗い&Skid Rowスキッドロウ)という、きな臭いエリアも徒歩圏内です。浮浪者が非常に多いです。テント暮らしをしています。なお、このスキッドロウでは、2015年に浮浪者が警官に射殺され、大問題になりました。ちなみにこの時の動画はYouTubeにアップされ、僕も見ました。

 

話をArts Districtに戻します。僕のオススメは2カ所。①Wurstkucheというホットドッグ屋さんと、②EightyTwoというバー兼ゲームセンターです。

 

①は外観からしてオシャレ。レンガ造りで、店内は意外と広かったりします。週末はDJがいたりも。店名はドイツ語で、アメリカ人も発音できないのだとか。以前マネージャーに取材をしたことがあるのですが、「ビュルストキュッヘ(たしか)」と教えてくれました。オススメは、ガラガラヘビとウサギの肉を合わせたソーセージorホットドッグ!持ち帰りもできますよ。

f:id:k2thaei:20160423232614j:plain

 

②は入場制限があり、身分証明書を見せてから入店します。いきなり懐かしい…というか僕が生まれる前に流行った旧式パチンコがズラリと並びます。ここでは、25セントでいろんなゲームで遊べます。ドンキーコングスーパーマリオ、他にもたくさんありましたが、思い出せません。。ストリートファイター2は常に盛り上がっていて、ギャラリーがたくさん。他人と対戦できる&店内のスクリーンで中継されるので、余計に盛り上がったり。

f:id:k2thaei:20160423232632j:plain

 

週末の夜、周辺での路駐は難しいと思うので、駐車場に停めるといいと思います。

 

 

【地図】